集団授業に向く人・向かない人

集団の授業についていける人


集団の学習塾では、講師1人に対し生徒全員が同じ学年で同じ内容の授業を受けます。例外で演習をする時間のみ補助の講師が入りますが、基本的に講師のペースによって授業を進める形です。集団授業は生徒同士競争心を持って学習をするので、自分に対する甘えが許されないことを常に思い学力向上に努める良い所があります。よって授業についていくには、自分自身にかなり忍耐力がある人が向いているというのが本音です。授業によっては講師の進むペースが速かったり、逆に遅かったりするので自分自身が授業の雰囲気に溶け込むことができるようにがんばらなくてはならないでしょう。また、他の生徒に迷惑がかからないようにする配慮がしっかりできる人も集団授業に向いています。

集団授業についていけない人


同じ学年の人が多くいる中で自分自身が集団の授業を受ける場合には、やはり授業についていけないことがおきることが大きな特徴です。講師は決して自分だけに合わせて授業はしてくれないので、自分ひとりだけが理解できていなくてもそのまま進んでおいていかれます。特に学力が低い生徒は要注意です。理由は、自分の学力よりもレベルの高い授業をしているので理解できないからです。結局はわからないまま授業を受けてしまい、ただ時間が過ぎるだけで終わってしまいます。できれば、講師が生徒のペースにやや合わせてくれる少人数制の授業や逆に講師が生徒のペースに合わせてくれる完全個別の授業を受けることができるようにしてやらなければならないでしょう。