集団授業のメリット

カリキュラムに合わせた指導を受けることができる


集団授業の最大のメリットは、授業内容や授業計画が標準化されているという点です。集団授業の内容や計画は入試の時期から逆算して必要なカリキュラムが作成されているため、全体的に安定した授業を受けることができます。そのため学ぶ学習やスピードも一定となっているため、授業のペースに合わせて学習することができれば確実に学力を伸ばすことができるのです。なかなか授業のペースについていけないという場合は個別授業などと併用することでカバーが可能ですし、無駄がなく効率的な勉強ができるところは大きな強みと言えます。

また特定の志望校を目指した専攻コースを利用することで、必要なカリキュラムを自動的に受けることができるというメリットもあるのです。

塾での仲間や友人の存在が大きい


個別授業の場合は講師とマンツーマンでの授業となるため、講師以外は常に1人で頑張っていかなければいけない部分があります。それに対して集団授業は同じカリキュラムを受けている仲間が複数存在しているので、思い悩んだり分からないところがあれば塾仲間を頼ることができます。このように同じ空間で同じ授業を共有できる仲間の存在は集団授業ならではのメリットだと考えられており、1人ではなかなか勉強に集中できない子供や孤独を感じやすい子供にとっては良い環境となっているのです。また協力するだけではなく成績などの面で張り合うことができるという点もメリットの一つで、競争心をお互いにあおることで成績を伸ばせることもあります。

小学生の塾は、基礎学力の向上や、私立中学の受験の準備など、目的に合わせて選ぶことが大切です。子供の学力レベルに合った塾を選びましょう。